おぐら家のおぼえ書き

2024年中学受験予定の息子の母です。主に息子の中学受験についての日記を書いています。

~ 進学くらぶで中学受験!第1志望校合格!~

志望校選びで後悔しないよう、やっておいた方がいいこと

※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

2024年中学受験終了組の息子(K太)の母です。

小5まで通塾していましたが、思い切って小6から通信教育の「進学くらぶ」に切り替え、第1志望校に合格しました。

私、夫ともに中学受験経験は無く、中学受験に関わりのある仕事に就いているわけでもありません。

普通のサラリーマンとパート主婦の家庭が中学受験に挑んだ経過や、その他の日常など、実体験をブログに綴っています。

 

息子が中学受験を経験し、受験までの間に(個人的にですが)絶対にやっておいた方がいいと思ったことがあります。

それは、学校見学です。

第1志望校だけではなく、色々な学校を見学していただきたいんです。

そんなん当たり前でしょ、と思った方もいらっしゃると思いますが、結構できない方も多いんですよね。

特に高学年になると、通塾回数が増え、それに伴って宿題の量も増え、模試やテストも頻繁に行われるようになります。

そのため、

勉強時間が減るから出掛けてる時間なんてない!

模試の日程と重なっているから行けない!

と、塾の勉強や模試・テストを優先してしまい、本来の目的を見失ってしまいがちなんですよね。

初心を思い出してみましょう。

なんのために中学受験勉強をしているんでしょうか?

入りたい中学校があるから

地元の公立中学校には進学したくないから

まだ行きたい中学校はないけど、合う雰囲気の学校があればそこに進学したいから

など、ご家庭によって理由は様々かと思いますが、中学受験の世界に足を踏み入れると、いつの間にか、塾で高い偏差値を取ることや、上位クラスに入ることが一番の目的になってしまったりするんですよね。(もちろん、成績がよければそれだけ選択肢が増えるため、悪いことではないのですが)

 

息子のK太が通っているB中学校は、元々は第2志望校でしたが、小6の夏に第1志望校になりました。

夏休み中に学校見学で初めてB中学校を訪れ、校舎内に入り、先生や生徒の雰囲気、設備などを実際に自分の目で見て、「自分に合っている」「絶対にこの学校に通いたい」と強く感じたようです。

元々第1志望校だった公立中高一貫校のA中学校は、2度見学をし、文化祭にも参加しましたが、「ここに入りたい!」という気持ちにはならなかったようです。

パンフレットやWebサイトの情報、口コミや知人からの評判だけで判断するのではなく、実際に学校を見学してみることがいかに大事か、その時よくわかりました。

 

中学校によっては、学校見学・説明会の参加条件を、小学5・6年生など、高学年に限定しているところもありますが、文化祭(学園祭)は一般公開している学校も多くあるため、低学年の子でも中学校の雰囲気を知ることができるいい機会です。

学校によってそれぞれカラーが違っていて興味深いので、ぜひ行ってみることをお勧めします😊

 

学校や生徒の雰囲気を実際に自分の目で確かめ、本当に行きたいと思える学校に出会えた時、お子さんの勉強に対するやる気・取り組む姿勢が全く違ってきます。

K太も、現在通っている中学校が第1志望校になった時、勉強をしている時の表情が今までとは違い、言葉で表現するのは難しいのですが、生き生きとしているというか、希望に満ちているというか、真剣なんだけれどもとても明るい表情になっていました。

 

志望校が全く決まっていないという方は、まずは近くの中学校の登下校の様子を見に行ってみるのもいいと思います🙂

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています