おぐら家のおぼえ書き

2024年中学受験予定の息子の母です。主に息子の中学受験についての日記を書いています。

~ 進学くらぶで中学受験!第1志望校合格!~

【中学受験】第1志望校を受験してきました

 

2024年中学受験(中学受検)予定の小学6年生の息子(K太)の母です。

息子は私立中対策は塾なしで通信教育の「進学くらぶ」を利用、公立中高一貫校の適性検査対策は通塾しています。

小6秋からは、第1志望の私立B中学校対策は1対1の個別指導に通っています。

適性検査で通っていた塾は、籍だけ残して通塾はせず、家庭学習で対策を続けています。

私、夫ともに中学受験経験なし、中学受験に関わりのある仕事に就いているわけでもなければ、高学歴なわけでもない。

普通のサラリーマンとパート主婦の家庭が、中学受験を経験するとどうなるのか、実体験をブログに綴っています。

 

第1志望校の推薦入試を受験してきました!

ついに本番が来てしまいましたよ~😣

車で送迎をしたのですが、本当にきちんと対応をされている学校で、周辺道路や校内も混雑や混乱はなく、スムーズに送迎することができました。(あ、でも、帰りはさすがに少し道路は混んでいたかも)

息子を受験会場へ送り届け、家に帰っている途中、少しうるっときてしまいました🥹

心の中で、「がんばれ、がんばれ」と思いながら運転していたら、感極まって涙がにじんできてしまいました。。

歳を取ると涙もろくなって困りますね。

ちなみに私は、入試に限らず、模試や検定試験など、試験へ送り出す時はいつも、「いってらっしゃーい」とだけ声掛けをしています。

「がんばって」とか、「しっかりね」とか、「集中してね」などということは言わず、学校へ送り出す時と同じ声かけです。

気合いを入れすぎて息子が緊張しすぎてしまったら嫌なので😣

 

試験終了まで家で待機していましたが、その間に朝食をとったり掃除をしたり、何も考えないようにして過ごしました。

待っている間って一番落ち着かないので、違うことをやって気を紛らわすのが一番です。

 

試験終了後、息子を迎えに行くと、ものすごくショックな出来事がありました😱

こんな大事な日に限って、アレルギー性鼻炎の症状が出てしまったようです。

ポケットティッシュを出していいかどうかわからなかったので、試験中、鼻水が垂れてこないように何度も鼻水をすすりながら耐えていたらしいです😭

花粉症の症状がひどい方はどれだけつらいかおわかりになると思うのですが、あのつらい症状が試験中にいきなり襲ってきたわけですから、あまり集中できなかったのではないかと思います。

息子はアレルギー体質で、スギ花粉の時期だけでなく、イネ花粉やその他色々なものに反応してしまうのですが、まさかこんな大事な日に鼻炎になってしまうとは。。。

もしかしたら隣の席の子も、「隣の席の人、鼻水すする音うるさいな」と思い、集中できなくなってしまっていたかもしれません。(ごめんなさい😢)

そして、ショックだったことがもう一つありました。

それは、息子が苦手な同級生の男の子が試験会場にいたことです😵

他にも同じ小学校からB中学校の推薦入試を受験した子は数名いたのですが、その男の子が受験することを知っていた子は一人もいなかったようで、みんな「えっ!?」という顔をしていたようです。

その男の子、低学年の頃から、息子と同じクラスになると、息子に何かと嫌味を言ってきたり、あまり感じのいい子ではなかったんですよね・・・

「お前のこと顔面変形するまで殴ったら泣くかな?」とか意味わからんことを言ってきたり、掃除当番をさぼって息子に押し付け、自分は校庭に遊びに出てしまう なんてことも何度もあったようで、正直私はあまり好きになれない子でした。

そういう子と中学校で一緒にならないための中学受験でもあったので、まさか同じ学校を受験しているとは思いもよりませんでした💧

塾に通っていたので受験はするんだろうと思っていましたが、まさか同じ中学校が第1志望校だったとは・・・。

 

まぁとにかく、鼻炎で挑んだ本命校は合格できるのか!?

次回、結果を報告させていただきたいと思います。

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています